2020年7月19日日曜日

つながるつながる。まだまだ

日本ダウン症協会、東京練馬支部「ちゅうりっぷの会」では毎月1回、乳幼児~小学生の皆さんとリトミックサークル「リズム・アンダンテ」をさせていただいています。
ホームグラウンドにしている公共施設が再開しても、心臓など基礎疾患のある人も多いダウンちゃん達はもう1ランク気を付けなければなりません。おまけにアンダンテの子たちはマスクをし続ける事が難しい年頃。

という訳で今月は初のオンライン開催となりました。
マンツーマンはいくらか慣れましたがグループとなるとまだまだ経験が足りません。
いつもはアシスタントの青子先生にピアノをお任せしていますが、今回は私一人。
自分でカラオケを録音しそれに合わせて歌います。


タブレットや教材を準備して子ども達がくるかとドキドキ。

次々可愛いお顔が映って、名前を呼ぶと「はーい!」と返事をしてくれて。あぁ、リトミック楽しいなぁ、と思いつつ、ちょっと慌て気味で終了後反省しましたが、途中でリタイアする子もいなくて、無事終了しました。

この日は中学生になったりんりんも参加。1才の時から12年間続けてきてくれた最後の日です。お休みも数えるほどしかなく、いつも元気に来てくれた裏にはご両親の温かい応援があったのだとしみじみ思います。今日はご家族全員、お姉さんのるんるんにも会えました。こんな形でしか会えないことは悔しくもありますが、今はこれで良いのだと思います。また会ってゆっくりお話しできるのを楽しみに。

今日は中学生からのダンスサークル「ウイングス」もズームレッスンが始まりました。
今までの形にとらわれず新しい学びの形を探すちゅうりっぷの会の挑戦はまだまだ続きます。

2020年7月8日水曜日

初夏のコンサート

年に1度の発表会「出来るのかな」と不安ではありましたが、なんとなく「出来ない」とも思わず生徒さん達と準備を始めました。緊急事態宣言が解除され、緩和のステップが発表された時点で「よし、これなら出来る。」と生徒さん達にもあらためてアナウンスして準備を詰めました。

昨年と場所を変え広い明日館講堂であったこともラッキーでした。キャパシティーの半分以下の来場者数の予定で名簿作成、座り方、検温、消毒・・・
大人が気を揉んで思い煩うのとは裏腹に、子供たちは何か「ホールの精」みたいなのが宿ったような後ろ姿を見せ、舞台に出て行きました。そして堂々と演奏をし、お辞儀をする姿はなんとも頼もしく見えました。



終わればみんなちょっと魂抜けてます(笑)


後片付けををして帰る時、先ほども書いた「ホールの精」が頑張った子ども達に特別な時間をくれたような気持ちになりました。そして来年もよろしくね!

発表会という目標があり、コロナで大変な時にもレッスンを続けられて良かったと思います。お子さん方を託して下さったご両親、ご家族にあらためて御礼を申し上げます。
ありがとうございました。来年はみんなで写真を撮ってゆっくりおしゃべりしてから帰れますように。

2020年6月8日月曜日

つながるつながる。これから

6月から東京の公立学校も再開されました。校帽をかぶった小学生や制服の中高生を久しぶりに見て、自粛期間の長さをあらためて痛感。
もちろん自粛が解けても何でもスイスイ行くわけではなく、リトミックも多くの施設、団体が実施を見合わせています。

先日は「距離を保ちながらお友達と楽しく出来る」リトミックをご提案。
手をひろげてフープの中に入ってぐるっとひとまわり、お友達とぶつかりませんか?


リトミックで「部屋をアットランダムに歩き、人とぶつからないようにする」というのがありますが自分の周りのスペースを感じながら行動する事は、コロナと関係なく社会生活には必要な事ですよね。上手に表現できないけれど、自分の「車幅感覚」というか。
幼稚園以降はそんな事も大事にしながら準備中です。

色々なかたちのつながり方がこれから求められます。3か月の間「つながること」を助けてくれた子ども達や仕事仲間と、また楽しいレッスンができるよう、頑張ります。

2020年5月23日土曜日

つながるつながる。リモートカルテット

少しずつ自粛規制が緩やかになっているこのごろですが、幼児のグループレッスンはもともと「濃厚接触」を行うために集まっていると言っても過言ではありません。
長く指導を続けている、日本ダウン症協会東京練馬支部「ちゅうりっぷの会」も、リトミックやダンスのサークルは3月からずっとお休み中です。

お家で頑張っている子達を何かの形で応援したい、お母さんの気持ちを明るくしたいと、毎年ちゅうりっぷの会主催のコンサートでお世話になっているメンバーと一緒にリモートでカルテットの演奏を録画しました。

曲は星野源さんの「ドラえもん」です!



のび太になるのにめがねを手作りした福島さん、1人2役の山本さん、そしてヒゲ描いて鈴まで付けているのに「私がアップしないとあとの3パートが撮れない!」という緊張で、
表情がメチャ硬い私(笑)

メッセージとともにちゅうりっぷの会にお届けしました。

私達も「今だから出来ること」を楽しくやりました。改めてテンポ感の重要さも強く実感。
でも、やっぱり集まって演奏したいなぁ。






2020年5月17日日曜日

つながるつながる。いつも

リトミック卒業生のお友達を中心に送った釣りあそびキット。ちょうど5月の「こどもの日」に合わせてクミ先生が「釣りのぼり」と命名して皆さんのところに旅立ちました。

ママ達から続々と「着きました!」「こんな風に遊びました!」と写真やkメールをいただき、まるで「サケの遡上」を待つ、みたいな感じ。

みんな元気で良かった~
みんなオリジナルの魚をたくさん作ってくれました。



餌の方に磁石を仕込む、という技も!
マスクをしている子も!

「アマビエ」はテレビで見たよ~、とそれぞれ工夫をこらしています。

最後にクミ先生のアマビエ

みんな、もう一息!手を洗って、うがいをして、元気に過ごしましょう。
私もクミ先生もみんなのおさかなから元気をもらいました。
会えなくてもいつも応援しています。


2020年4月30日木曜日

釣りのぼり!?

練馬はつつじの花が咲き出し、5月らしい町並みの色です。

休校、休園が続くなか、気にかかるのは3月にリトミックを卒業して送り出した子どもたちの事です。子どもはもちろん、親御さん方だって新しい環境に向けて希望で胸を膨らませていたはず。
クミ先生と「何か出来ることはないかな」と相談して魚釣りの工作キットを「こどもの日プレゼント」にする事にしました。

最初はこいのぼりの工作はどうか、と言っていましたがやっぱり遊べるのがいいよね→
じゃ、鯉を釣っちゃう?→他の魚もいれちゃう!?
という事で鯉のぼりから釣りへ。


出番を待っていた色画用紙のはんぱな大きさの物も大放出。
いくつかの形は作りましたが、みんな好きなように作ってくださいね。シールも好きなところに。いつものSproutsの工作みたいにね。
パッキングしてみんなのもとに旅立ちました。たくさん遊んでくれたら嬉しいです。

そして、クミ先生のおまけは「アマビエ」
熊本の民話に出てくる、疫病を祓う海のいきものだそうです。
人魚姫にしちゃ、ひれが多い。3つあるそうです。
おうちの人やきょうだいと作りながら、「可愛い」とか「変だ」とか(笑)たくさんお話して下さいね。
私も作ってみんなの健康を願います。




2020年4月17日金曜日

つながるつながる。 そして

オンラインレッスン絶賛継続中(笑)の我がお教室。

オンラインなのにレッスンが終わったら手を洗いに行ったり、「そこ、腕を上げて!」
とタブレットをつついて「先生、わかんない、…」と言われたり。全体的に声も身振りも「3割増し」な感じのレッスン。全国のレスナーの先生方から「オンラインレッスンあるある」を伺いたいくらいです。

楽譜への書き込みや合格の印も自分で書きます。

「書いたよ~!」と見せてくれています。

「ここから弾いて。」「えっどこ?」「ここだよ」みたいな会話は出来なくて、「何段目の何小節目から」と言葉で解りやすく話し、それを聞いて指示を理解する必要があります。
生徒さんのママから「言葉でのコミュニケーションの良い訓練になるかな、と思います。」というご意見を頂きましたが、教える私もまったく同じで指導の在り方を振り返る良い機会になります。

新しい弾き方を教える時はこちらもひと手間
色々なところから映してみます。

講師仲間とも色々意見を交換。新しいことを覚えたりやったりすることはとっても楽しいです。まだまだ続きそうなこの暮らし。みんなが少しでも楽しく過ごせますように、頑張ります。